お尻の穴がかゆい!これって何かの病気?不安な人はこれを見て!

パラネージュ

 

お尻の穴がかゆい!

 

大きな声では言いづらいけれど、「お尻の穴がかゆい」ということはありませんか?病院に行った方が良いのか、でもお医者様に見せるのも恥ずかしいし、と悩みどころですよね。

 

しかし、あまりかゆみが続くと、今度は「何かの病気?」と心配になる人もいると思います。外から見えやすい場所でもないため、自分でも原因が分からずに不安が大きくなってしまいますね。

 

そんな不安解消の一助となるよう、お尻の穴のかゆみの原因・改善方法をご紹介します。

 

お尻の穴がかゆいのはなぜ?病気?

 

お尻の穴がかゆいのは、「肛門掻痒症(こうもんそうようしょう)」という症状であることが多いです。

 

この肛門?痒症は病気ではありません。肛門周辺がかゆくなり、自分でかいてしまったことで湿疹が発生し、さらにその湿疹がかゆくてさらにかいてしまう、という悪循環が弾き起こすものです。

 

この肛門掻痒症の原因として考えられるのが、便の拭き残しによる刺激・直接肌に触れるものによる刺激・汗の刺激・乾燥による刺激です。どれも日常生活で起こりうる現象ですね。

 

なお、お尻の穴のかゆみは肛門?痒症であることが多いですが、本当の病気の可能性もあります。

 

痔、かぶれ、カンジダ症、皮膚がん、ぎょうちゅう症などの場合もありますので、注意が必要です。

 

かゆみが長引く時には、病院に行くことをおすすめします。

 

パラネージュはあなたの悩みを解決します♪

 

もっと詳しくパラネージュのことについて知りたい方はこちら→【パラネージュ口コミ・効果情報サイト】お尻の悩みもつるっと解決♪

 

パラネージュ

 

パラネージュ

 

どのような人が多い?

 

お尻の穴のかゆみの原因は、便の拭き残しや汗、乾燥、肌に触れるものによる刺激など、日常生活で誰しも起こりうることでしたよね。

 

では、その中でもどのような人がかゆみを引き起こしやすいのでしょうか?

 

肛門?痒症は、多くの人がお尻のかゆみを何となく感じるところから始まります。

 

その時に「拭き残しがあるのかな。清潔にしなければ。」と、ゴシゴシこすって拭いたり、ウォシュレットを強くして使用したり、石けんで入念に洗ったり、とにかく清潔にしようとするとそれが新たな刺激となってしまうのです。

 

このように、過度に清潔を保とうとする人ほど、お尻の穴に刺激を与えてしまい、さらにかゆくなってかいてしまう、という悪循環に陥ってしまうのです。

 

どうすれば改善できる? 

 

それぞれの原因に合った方法で、かゆみは改善できます。

 

・便の拭き残し
ゴシゴシ拭きすぎると刺激になってしまいます。ウォシュレットがあれば優しく洗い、トイレットペーパーでこすらず丁寧に水分を取るようにしましょう。
ウォシュレットでない場合は、1度に拭こうと強くこするのではなく、数回に分けて優しく拭きましょう。

 

・直接肌に触れるものによる刺激
下着の素材を見直して、肌に優しいものにしましょう。綿がおすすめです。
また、洗濯洗剤が生地に残っていると、それもかゆみの原因となります。すすぎをしっかりしましょう。

 

・汗による刺激
通気性の良い素材の下着にする、汗をかいたら下着も取り換える、などお尻の蒸れを防ぎましょう。

 

・乾燥による刺激
入浴時などに、肛門周辺を洗う時、過度に石けんを使いすぎると乾燥してしまいます。必要な油分を取ってしまうことがあるので注意しましょう。

 

自分にあった改善方法でかゆみとサヨナラ!

 

なかなか人には相談しづらいお尻の穴のかゆみ。多くの場合が病気ではないということで、安心した人も多いのではありませんか?

 

かゆみの原因は、意外と身近なところにありましたね。日常生活でよくあることが引き起こしていると分かり、驚きました。

 

しかし、誰にでも起こりうるということでもあります。日頃の生活習慣や下着の素材など、すぐに実行できる改善方法でお尻の穴のかゆみを改善しましょう!

 

パラネージュはあなたの悩みを解決します♪

 

お尻専用の効果的なパックがあるのをご存知ですか?パラネージュクレイパックはあなたを綺麗にするきっかけになるかも!

 

パラネージュ