ふくらはぎが痩せる運動って?簡単な部分痩せ方法!

パラネージュ

 

憧れのほっそりふくらはぎ

 

程よい筋肉がつき、ほっそりしたふくらはぎは女性の憧れですね。「私もモデルのような脚になりたい!」とダイエットや運動に励む人も多いと思います。

 

しかし、どんなにダイエットしても、運動をしてもなかなかふくらはぎが細くならないと悩んだことはありませんか?

 

ふくらはぎは体重を落とすだけでも、やみくもに運動するだけでも細くはならないのです。ポイントを押さえた効果的な「ふくらはぎ痩せ」の方法をご紹介します。

 

ふくらはぎが太い人の特徴はある?

 

ふくらはぎが太い人には、大きく分けて3つの特徴があると言われています。1つ目は体のバランスが悪いこと、もう2つ目は歩き方が悪いこと、そして3つ目はむくみやすいことです。

 

・体のバランスが悪い

 

重心の偏りが原因です。かかとやつま先に偏っていたり、足の親指か小指に偏っていたりすると、その偏りをカバーするために筋肉を人よりもたくさん使うことになります。

 

それによって余計な部分の筋肉が発達し、ふくらはぎが太くなってしまうのです。

 

・歩き方が悪い

 

歩き方に癖のある人や早足で歩く人もふくらはぎが太くなりがちです。バランスが悪い人同様、歩き方の癖を筋肉がカバーするので余計な部分が太くなりがちですし、早足で歩くことでも筋肉が必要以上に鍛えられてしまいます。

 

・むくみやすい

 

血液やリンパの流れが悪く、老廃物が溜まってしまうとむくんでふくらはぎが太くなってしまいます。

 

ふくらはぎを太くしないために気をつけることは?

 

脂肪燃焼のためには、もちろん運動は必要です。しかし、やみくもに運動するだけではふくらはぎは細くなりません。

 

ふくらはぎが太い人の特徴でも挙げたように、筋肉の使い方や鍛え方によって、逆に太くなってしまうこともあります。

 

程よい場所に程よい筋肉がつくことで、ほっそりとした美しいふくらはぎになります。体のバランスが偏らないように立ち方や歩き方に気をつけましょう。

 

前後左右のどこかに重心を置く立ち方は、その偏りをカバーするために、余計な所の筋肉を知らず知らずのうちに鍛えてしまっています。歩き方も同様です。
真っ直ぐ立って、真っ直ぐ歩くことを心がけましょう。

 

パラネージュ

 

ふくらはぎを細くする方法はある?

 

ふくらはぎを細くするには、マッサージと筋トレが効果的です。

 

・リンパマッサージ

 

@くるぶしの下からアキレス腱に沿って指で押します。

 

A足首から膝まで、全体を揉みます。

 

B両手で足首をつかむようにして、足首から膝までさすりあげます。

 

C膝裏のリンパ節を軽く揉みます。

 

4段階で簡単ですね。軽い力で行いましょう。

 

・筋トレ

 

適度な筋肉がつき、脂肪燃焼効果もある、かかとの上げ下ろし運動がふくらはぎ痩せにはとても効果的です。

 

@かかとを少し浮かせてつま先の方に体重をかけた状態からスタートします。

 

Aゆっくりかかとを上げて、上げきる前にゆっくり下ろしていきます。

 

B下ろしてきたかかとが、床につかないようにして再び上げます。

 

1回10セットを1日3回くらい行いましょう。簡単ですし、仕事や家事の合間にできるとてもシンプルな方法です。

 

パラネージュ

 

ほっそりしたふくらはぎを手に入れよう!

 

ただ単に脂肪がついているだけではないため、体重を落としてもなかなか細くならないふくらはぎ。
立ち方や歩き方に気をつけて、余計な筋肉をつけないことが大切だということが分かりましたね。

 

脂肪燃焼をさせつつ、必要な程よい筋肉をつけるためのかかとの上げ下ろし運動や、むくみを解消させるためのリンパマッサージを継続して、ほっそりした美しいふくらはぎを手に入れましょう。

 

お尻専用の効果的なパックがあるのをご存知ですか?

 

もっと詳しくパラネージュのことについて知りたい方はこちら→【パラネージュ口コミ・効果情報サイト】お尻の悩みもつるっと解決♪

 

こちらの記事も是非読んでみて下さいね(^^)/↓

 

パラネージュvsピーチローズホントに美尻になれるのはどっち!?

 

パラネージュ