太ももやふくらはぎ、お尻のセルライトをつぶすのは正解!?

パラネージュ

 

もしかしてセルライト!?

 

太ももやふくらはぎ、お尻を鏡で見た時に、ふと肌表面のデコボコが気になることはありませんか?

 

ダイエットしても細くならない上に、見た目にも美しくありません。しかし、スカートをはき時や水着になる時には目立ちますよね。セルライトをどうにかしたい!そんな悩みを持つ人は多いはずです。

 

このセルライトはどうすればケアできるのか、つぶす?つぶさない?そもそもセルライトの正体って?そんな疑問にお答えします。

 

セルライトとは?

 

セルライトは、お尻や太もも、ふくらはぎなどの下半身に起こりやすく肌がデコボコした状態になる現象で、その正体は脂肪と老廃物の塊です。

 

成人女性の8割に見られるセルライト。2?3年かけてジワジワとできてきて、一度できてしまうと自然に消えることはないと言われています。

 

また、血行不良やむくみ、冷え性などの原因となり、痩せにくくなるという悪循環を引き起こします。

 

自分で分かるセルライト診断方法

 

スタイルとダイエットの大敵セルライト。セルライトができているか、セルフチェックすることができます。

 

以下の項目に当てはまるものがありますか?

・脚がむくみやすく、冷え性

 

・傷やあざが治りにくい

 

・内出血やあざができやすい

 

・皮膚表面に色ムラがある

 

・皮膚を摘まむと、厚みがあって柔らかい

 

・手で皮膚を押さえるとデコボコしている

 

・何もしなくてもデコボコしている

 

・肌にハリ・ツヤがなく、乾燥している

 

・皮膚表面が波打つようにデコボコしている

 

・皮膚に触ると冷たい

 

いかがでしたか?
当てはまる項目が多いほど、セルライトができている可能性が高いです。

 

パラネージュ

 

セルライトをつぶすとどのような効果があるの?

 

できてしまったセルライトをつぶすと、どのような効果が得られるのでしょうか?

 

・良い効果

 

前述のとおり、セルライトは脂肪と排出されなかった老廃物の塊です。塊のままでは体内の循環で流れて排出されません。そのため、流れやすくするために塊をほぐすという点では、つぶすことにも効果はあります。

 

・悪い効果

 

雑巾のようにギューッと絞ってつぶすと、リンパ管や毛細血管、皮膚組織にダメージを与えてしまいます。

 

また、つぶすことによって脂肪細胞が分裂させられると、分裂した脂肪細胞を守ろうとして新たなセルライトを形成してしまうのです。

 

さらに、毛細血管はデリケートなので、力いっぱいつぶすと青あざや内出血の原因となります。

 

簡単にできるセルライトケア

 

力まかせつぶせば良いというわけでもないセルライト。では、どのようなケアをすれば良いのでしょうか?

 

つぶすのではなく、揉みほぐして流すというのが簡単で効果的なケア方法です。

 

@まずは、足の裏全体をマッサージして下半身の血流を良くします。足指も1本ずつマッサージしましょう。

 

A次に、ふくらはぎから膝にかけてマッサージをします。両手を足首に当て、ふくらはぎをほぐし、膝の裏まで流します。力を入れ過ぎず、丁寧に行いましょう。

 

Bそして、太もも全体を優しくつまんで揉みあげます。

 

C最後に、足の甲から膝裏までと膝上から鼠径部まで、リンパを流すようにマッサージしましょう。

 

入浴後のボディケアと一緒にできるので簡単ですね。力を入れないので、痛みを感じないのも、続けられる秘訣です。

 

パラネージュ

 

セルライトケアはコツコツと

 

太ももやふくらはぎ、お尻の気になるセルライト。見た目にもダイエットにも良くないので、鏡で見ると気が滅入りますよね。

 

しかし、焦って力いっぱいつぶすのは逆効果です。あざや内出血だけでなく、セルライトが増殖してしまう可能性があります。

 

セルライトケアのポイントは、優しく丁寧に行うことです。2?3年という年月をかけてじっくりできあがってしまったセルライトは、一朝一夕のケアでは除去できません。

 

けれど、じっくり時間をかけてケアすれば、除去できると言われています。

 

焦らず毎日コツコツとケアして、セルライトとはさよならしましょう。

 

キュッと引き締まった綺麗なお尻を目指したい方はパラネージュがおススメですよ☆彡

 

パラネージュ

 

パラネージュ

 

パラネージュ