生理用品でお尻がかぶれる人はどうやって対策してる?教えて!

パラネージュ

 

生理用品でお尻がかぶれる?!

 

個人差はありますが、大人の女性が閉経までの間に毎月経験する生理。できれば健やかにその期間を過ごしたいですよね。

 

しかし、生理用品でお尻がかぶれて困ったことはありませんか?

 

病院に行くのは恥ずかしいですし、人に相談するのもためらわれる、デリケートな問題です。

 

そこで、生理用品でお尻がかぶれることに悩んでいる女性の声や、その原因や対策についてご紹介します。

 

かぶれで悩んでいる女性は少なくない

 

人にはあまり言えない悩みですが、女性にはありがちな症状のようです。

 

 

夏に生理用品でお尻がかぶれて、かゆくなりました。

 

病院に行くのも恥ずかしいので、ひたすら耐えました。

 

 

職場が変わったストレスからか、今まで無かったナプキンかぶれが起きました。

 

市販の薬では治らなかったので、恥ずかしかったけれど病院に行きました。処方された薬を塗ったらかゆみが治まって良かったです。

 

 

今まで使っていたものとは違う生理用品を使ったら、お尻がかぶれてしまいました。生理用品の素材が合わなかったようです。

 

生理用品をこれまで使っていたものに戻して薬を塗ったら治りましたが、かゆくて大変でした。

 

生理用品の品質は良くなっていますが、まだまだかぶれに悩んでいる人はいますね。

 

パラネージュ

 

どうして生理用品でお尻がかぶれるの?

 

主な原因の1つ目は「ムレ」です。生理の期間は、およそ5?7日間と言われています。その期間中ずっと生理用品を当てていると、どうしてもお尻は湿った状態が続いてしまいます。

 

その湿った状態で、吸収されずに残ってしまった経血や汗がお尻を刺激するとかぶれが起きてしまうのです。赤ちゃんのオムツかぶれを想像すると分かりやすいかもしれませんね。

 

2つ目の原因は摩擦です。特にお尻が乾燥していると、動いた時に生理用品との摩擦で皮膚がこすれ、刺激となってかぶれてしまうのです。

 

また、疲れやストレスで身体の抵抗力が落ちていると、皮膚が弱くなってかぶれやすくなると言われています。

 

かぶれ対策は?

 

こまめに交換して、清潔を保つのが1番です。生理期間中は、できるだけこまめに生理用品を交換しましょう。入浴やシャワー時に、お尻を優しく洗って汚れや汗をきちんと落とすことも重要です。

 

生理用品の素材選びも大切なことです。かぶれやすい人は、コットン素材の、肌に優しいものを選ぶと良いでしょう。

 

最近では、布ナプキンも入手しやすくなっています。使い捨ての生理用品ではどうしてもかぶれてしまうのならば、一度試してみるのもおすすめです。

 

かぶれてしまったら、お湯で丁寧に洗い、紫斑の塗り薬をそっと塗ります。それで治らなければ、早めに婦人科や皮膚科で診てもらって悪化するのを防ぎましょう。

 

パラネージュ

 

かぶれから解放されて、生理中も快適に過ごそう!

 

なかなか人には言えないデリケートな問題ですが、同様の悩みを持つ女性はいるのだと安心した人も多いのではないでしょうか。

 

蒸れ予防と清潔を保つという、自分の心がけ次第で生理用品によるお尻のかぶれは予防できそうです。

 

また、素材の見直しや布ナプキン利用を検討するなど、前向きにできることもありましたね。

 

自分ができる対策で、生理期間中も健やかに快適に過ごしましょう。

 

お尻専用の効果的なパックがあるのをご存知ですか?

 

こちらの記事も是非読んでみて下さいね(^^)/↓

 

パラネージュvsピーチローズホントに美尻になれるのはどっち!?

 

もっと詳しくパラネージュのことについて知りたい方はこちら→【パラネージュ口コミ・効果情報サイト】お尻の悩みもつるっと解決♪

 

パラネージュ