チロシナーゼって何?メラニンとどう違うの?

パラネージュ 口コミ 効果

 

チロシナーゼ?メラニン??

 

雑誌やSNS、美白化粧品などで目にするチロシナーゼメラニンシミ・・そばかす黒ずみの原因として見聞きすることが多いですね。

 

私たちのお肌の大敵というイメージのメラニンとチロシナーゼですが、

 

メラニンとチロシナーゼって一体何?

 

この2つは違いがあるの?

 

メラニンとチロシナーゼが増えると、どんなトラブルが起きるの?

 

など、その正体は実はよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、メラニンとチロシナーゼについて調べました!

 

チロシナーゼとは?

 

チロシナーゼとは、皮膚の黒色メラニン生成を引き起こす酵素です。

 

肌が紫外線や摩擦、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどの刺激を受けると、皮膚表面で活性酸素が発生します。

 

すると、表皮の角化細胞から表皮の奥にあるメラノサイトに情報伝達物質が送られます。

 

この情報伝達物質の指令によって活性化するのがチロシナーゼです。

 

メラニンのことは詳しく後述しますが、作られたばかりのメラニンは「チロシン」というアミノ酸です。

 

しかし、このチロシナーゼが活性化してチロシンに作用することでチロシン黒色メラニンに変化させるのです。

パラネージュ 口コミ 効果

 

メラニンとは?

 

メラニンは皮膚の表皮の奥にあるメラノサイトで、チロシンというアミノ酸から生成されています。

 

メラニンには紫外線を吸収する働きがあり、肌を紫外線から守る役目を果たしています。

 

メラニン=シミそばかすなどの悪いイメージがありますが、メラニンは紫外線による体への悪影響を防いでくれているのです。

 

このように、本来メラニンが生成されること自体は肌の正常な反応なので問題ないのですが、何らかの理由で過剰にメラニンが作られたり、ターンオーバーが乱れてメラニンが蓄積・沈着してしまったりするとシミなどに変化してしまいます。

 

チロシナーゼとメラニンが増えてしまう原因とは?

 

前述のように、チロシンというアミノ酸が、チロシナーゼによって次々に反応・変化をすることによってメラニンになります。

 

このようにして生成されたメラニンは、通常はターンオーバーによって角質と共に垢となって排出されます。

 

しかし、紫外線によって角化細胞に異常が起こると、その奥のメラノサイトにメラニン生成の指令が出続けて過剰にメラニンが作り出されてしまうのです。

 

また、ホルモンバランスの乱れもメラニン生成の指令を過剰に出す原因となります。

 

さらに、ストレスや睡眠不足、過労などは体の内側からチロシナーゼを活性化させる原因だと言われています。

 

パラネージュ 口コミ 効果

 

チロシナーゼとメラニンが増えることで引き起こされるトラブル

 

前述したように、メラニン色素が過剰に作られると、皮膚に色素が沈着して、シミ・そばかす・黒ずみなどの肌トラブルの原因となります。

 

通常は、メラニン色素はターンオーバーと共に体外へ排出されていくのですが、ターンオーバーが正常に行われなかった場合にシミ・そばかす・黒ずみなどとして残ってしまうのです。

 

また、活性酵素のチロシナーゼの過剰分泌は、メラニン色素を必要以上に生成するだけでなく、体の酸化を促し、老化を早めてしまいます。

 

チロシナーゼとメラニンを増やさない対策や方法は?

 

シミ・そばかす・黒ずみができる仕組みは、

 

@紫外線などの刺激を受ける

 

Aチロシンができる

 

Bチロシナーゼがチロシンをメラニン色素にする

 

Cターンオーバーによって排出されないメラニン色素が沈着してシミなどになる

 

でしたね。

 

ということは、この仕組みにアプローチすればチロシナーゼとメラニンを過剰に増やさない対策になるということですよね。

 

まず、紫外線対策です。少しの外出でも、日焼け止めを塗るなどしましょう。曇りの日も紫外線は降り注いでいます

 

また、汗をかいたり擦ったりしたら、こまめに塗り直しましょう。

 

そして、チロシンをメラニン色素にするチロシナーゼは、内的な要因、ストレスや睡眠不足、不規則な生活などによっても活性化します。ストレスや疲労を溜め込まないように、自分なりのストレス発散法を試してみるのも良いですね。

 

パラネージュ 口コミ 効果

 

チロシナーゼとメラニンは必要なものだった

 

チロシナーゼとメラニン。よく見聞きするけれど、詳しくはその正体を知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

 

シミ・そばかす・黒ずみの原因として、悪者のイメージを持たれがちですが、実はメラニンは私たちの皮膚を紫外線から守ってくれる大切な役割を果たしていますし、そのメラニンを生成しているのがチロシナーゼだということが分かりましたね。

 

これらがシミなどのトラブルになるかどうかは、私たちの対策次第です。

 

過剰なメラニンを生成しないように、また、生成されたメラニンがきちんとターンオーバーによってはがれ落ちるように、体の外側からも内側からも対策をしてトラブル知らずの肌を目指しましょう!

 

このサイトではパラネージュというメラニン抑制成分がプラセンタの250倍も含まれているクレイパックをお勧めしています!

 

良ければ他の記事も参考にして下さいね。

 

もっと詳しくパラネージュのことについて知りたい方はこちら→【パラネージュ口コミ・効果情報サイト】お尻の悩みもつるっと解決♪

 

こちらの記事も是非読んでみて下さいね(^^)/↓

 

パラネージュvsピーチローズホントに美尻になれるのはどっち!?

 

パラネージュ 口コミ 効果